Top > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化に潜む危険

クレジットカード現金化に潜む危険

「すぐにお金が必要だけど借金ができる金融機関もない。」、そんな消費者をターゲットにクレジットカード現金化を勧誘している業者が街角やインターネット等であります。消費者を安心させるため、あたかも法律や行政機関で認められていると誤解するような宣伝がされていることもありますが、クレジットカードの現金化を法律で保証していることはなく、クレジットカード会社も「クレジットカード会員規約」にて明確に禁止しており、違反した場合、「残金の一括払い」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受ける可能性があります。

http://www.tsu-credit.com/

さて、クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング利用枠を利用して、業者から商品を購入して、更にその商品を業者が購入者から買い取るというものです。購入者は業者に商品を買い取ってもらうため、すぐに現金を得ることができますが、後日クレジットカード会社から業者の買取金額よりも高い金額が請求されるため、結果的により大きな負債を負うことになります。借金を返すためにクレジットカード現金化を行うと、借金で借金で返すという図式になり、更に借金が膨らんでいくという点で、非常に危険な行為といえます。またクレジットカード現金化を申し込む際に業者に提供するカード番号や個人情報が悪用されるという危険もあり、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性も高まります。このため、政府やクレジットカード会社もクレジットカードの現金化に対する注意を消費者に呼びかけています。

クレジットカード現金化

関連エントリー